野球

達孝太選手(天理)の球種は?ドラフトの可能性や経歴プロフィールも紹介!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)

この記事では、センバツ高校野球に出場する奈良の名門天理高校の達孝太選手について球種、ドラフトの可能性、プロフィール・経歴についてご紹介いたします。

天理高等学校

達孝太選手の通う天理高等学校(偏差値38-59)は奈良県天理市にある男女共学の私立高校です。

体育系や文科系を問わず、多くの部活動が全国大会で活躍している高校です。

基本的には、大学進学をベースにした教育が行われています。

主な出身者は・・関本賢太郎(元プロ野球選手)、中村奨吾(ロッテ・プロ野球選手)、門田博光(元プロ野球選手)、野村忠宏(柔道家)などがいらっしゃいます。

⚫︎中村奨吾(プロ野球選手)

達孝太選手の球種

達孝太選手の球種は、最速150キロのストレート、スライダー、フォークボール、カーブ、などです。

達選手は、長身193cmから投げ下ろす最速150キロのストレート130キロ前後のフォーク110キロから120キロ台のスライダー100キロ台のゆるいカーブという多彩な球種を投げ分けます。

手足が長いなど体格の良さもあり、高い将来性を感じさせる投手としてプロも注目する右腕です。

バランスの良い投げ方で本格派右腕として期待されている達投手の大舞台での投球に期待が高まりますね!

達孝太選手ドラフト指名の可能性

達孝太選手は長身を生かし角度をつけたMAX150キロの速球を投げ込み、本格派右腕としてプロのスカウトも注目する逸材でドラフト指名の可能性の高い選手です。

達選手本人はメジャーを目指しているとのことですので、日本球界で実績を残してほしいですね!

高校年代ので150キロのストレートは、かなり魅力的ですし、まだまだ球速が伸びる可能性は多いにあります。

プロも注目する本格派右腕として評価も高いことから、ドラフト指名を受ける可能性も高いのではないかと予想されます。

達孝太選手のプロフィール・経歴

達 孝太(たつ こうた)

生年月日:2004年3月27日
出身:大阪府堺市
身長:193cm 体重:85kg
ポジション:投手
中学校:浜寺南中
小学校:浜寺昭和小
出身チーム:泉州阪堺ボーイズ
投打:右投げ右打ち
遠投:110m

達孝太選手は、堺市立浜寺昭和小学校4年生から軟式野球を始め、浜寺南中では泉州阪堺ボーイズに所属していました。

泉州阪堺ボーイズ時代は、中学3年次に全国大会ベスト8の成績を残しています。

天理高校入学後は1年次の夏から背番号19でベンチ入りを果たし、秋の近畿大会決勝では強豪大阪桐蔭戦で初めての先発として抜擢され、8回途中まで投げて4失点という内容の好投を見せました。

2年次夏の県大会ではベンチ外でしたが、甲子園での交流戦で広島新庄との一戦で、9回表から2番手で登場し、1回を無失点、2奪三振という結果を残した。

甲子園初登板で、当時自己最速となる143キロを記録し、大舞台での強さを見せてくれました。

2年次の秋からエース投手を務め、県大会全7試合で6完投、3完封、52回を投げ68奪三振、防御率2.60という好成績をのこし、エースとしての存在感を示しました。

しかし、続く近畿大会では決勝で大阪桐蔭と対戦し、7回コールドでの敗戦を喫し悔しい経験も。

達選手は、打倒大阪桐蔭を目標にリベンジを果たしたいというが、甲子園で対戦するとすれば決勝まで進まなければならないため、そこを目標に一戦一戦力投を続けて圧巻の投球を見せてもらいたいですね!

 

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、達孝太選手について、球種、ドラフトの可能性、プロフィール・経歴についてご紹介いたしました。

達孝太選手の球種は、ストレート、スライダー、フォーク、カーブなどが主体です。

長身193cmから投げ下ろす最速150キロのストレート、130キロ前後のフォーク、110キロから120キロ台のスライダー、100キロ台のゆるいカーブという多彩な球種を投げ分けます。

甲子園という全国の舞台を経験しさらに成長した姿を披露すればスカウトも放ってはおかない存在になれる逸材で、ドラフト指名筆頭投手です。

達 孝太(たつ こうた)

生年月日:2004年3月27日
出身:大阪府堺市
身長:193cm 体重:85kg
ポジション:投手
中学校:浜寺南中
小学校:浜寺昭和小
出身チーム:泉州阪堺ボーイズ
投打:右投げ右打ち
遠投:110m

2年次の秋からエース投手を務め、県大会全7試合で6完投、3完封、52回を投げ68奪三振、防御率2.60という好成績をのこし、エースとしての存在感を示しました。

天理高校の初戦は、大会2日目の第1試合宮崎商業高校(宮崎)と対戦しますが、エースの達孝太選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!