野球

小畠一心選手(智辯学園)経歴プロフィール、球種、ドラフト指名の可能性を調査!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)


この記事では、センバツ高校野球に近畿大会優勝し甲子園出場権を得た名門智弁学園高校の小畠一心選手の経歴・プロフィール、球種、ドラフト指名の可能性についてご紹介いたします。

智辯学園高等学校

小畠選手の通う智辯学園高等学校(偏差値54-64)は奈良県五條市にある私立の中高一貫校です。

野球部と陸上部のみ、高校から部活動を始められ、大半の在校生は勉学に集中し進学を目指すことが多いとのこと。

甲子園常連校である野球部は春のセンバツだけで13度目の出場になります。

主な出身者は、岡本和真選手(巨人)、廣岡大志選手(巨人)、ダニエルカールさん(タレント)などがいらっしゃいます。

⚫︎岡本和真選手(巨人)

プロの世界でホームラン王に輝いた先輩がいるのは智辯学園としての誇りではないでしょうか。

プロの世界で活躍している先輩は憧れでもあり、目標でもあるので大きな存在ですよね!

小畠一心選手のプロフィール

 

小畠一心(おざわいっしん)

生年月日:2003年8月30日
出身:大阪
身長:185cm 体重:93kg
ポジション:投手
中学校:堺市立長尾中
小学校:東三国丘小
出身チーム:オール住之江ヤング
投打:右投げ右打ち
50m走:6.8秒
遠投:100m
趣味:けん玉、書道、水泳
将来の夢:プロ野球選手
代表歴:U15日本代表
ニックネーム:いっしん

小畠選手は東三国丘小3年の時にソフトボールを始められたそうです。

堺市立長尾中学時代は、大阪のオール住之江ヤングに所属し、2年生からエースとして活躍していた小畠投手。

中学3年次には、2018年のWBSC U15ワールドカップ日本代表メンバーに選出され、大会では主に5番打者として外野を任されました。

智辯学園入学後は、1年夏からベンチ入りし、八戸学院光星戦で甲子園のマウンドに立ち2回を投げて被安打4、自責点4という結果で黒星を喫しました。

昨年の近畿大会準決勝では、市立和歌山との試合に完投し被安打7、自責点1、奪三振4の好投を見せ、智辯学園の優勝に貢献しました。

本格派右腕として中学時代から注目されてきた小畠投手は、プロを狙えず逸材として期待されています。

 

小畠一心選手の球種

小畠選手の球種は、最速145キロのストレート、スライダー、フォーク、カーブ、などです。

185cmの長身から投げ下ろすストレートは威力があり、カーブ、スライダーの変化球を交えながら組み立てるピッチングをする投手です。

全身を使ったフォームと角度のあるストレートは打者にとっては脅威になります。

力のある速球で三振を奪えるのが魅力の一つと言えます。

そんなシーンが甲子園の舞台でも見たいですね!

 

小畠一心選手ドラフト指名の可能性

小畠選手は中学時代から140キロ前後の速球を投げ込み、U15世代の日本代表経験もあり将来が注目されている選手の一人です。

恵まれた体格を生かしたフォームから投げ下ろすストレートがさらに威力を増し速球派右腕として成長していけばドラフト指名の可能性は高くなると考えられます。

智辯学園では左右のWエースで、左腕の西村王雅選手が先発の軸ですが、小畠選手は右のエースとしてチャンスは必ず訪れるので、全国の舞台での登板の機会にはポテンシャルを発揮してもらいたいですね!

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、小畠一心選手について、経歴・プロフィール、球種、ドラフト指名の可能性についてご紹介いたしました。

小畠一心選手

生年月日:2003年8月30日
出身:大阪
身長:185cm 体重:93kg
ポジション:投手
中学:堺市立長尾中
出身チーム:オール住之江ヤング
投打:右投げ右打ち
50m走:6.8秒
遠投:100m
趣味:けん玉、書道、水泳
将来の夢:プロ野球選手
代表歴:U15日本代表
ニックネーム:いっしん

小畠選手の球種は、ストレート、スライダー、フォーク、カーブが主体です。

最速145キロのストレートが武器で、キレのあるスライダーフォークの変化球をうまく交えた投球で本格派右腕として注目されている投手です。

甲子園という全国の舞台を経験しさらに大きく成長した姿を披露すればスカウトも放ってはおかない存在になれる逸材ですのでドラフト指名も考えられる投手と言えます。

智辯学園高校の初戦は、大会4日目の第2試合で優勝候補である大阪桐蔭と対戦しますが、エース西村選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!