野球

京本眞(明豊高校)の球種、成績は?ドラフトの可能性や経歴プロフィールも紹介!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)

この記事では、春のセンバツ高校野球に出場する大分の名門明豊高校京本眞選手の球種、成績、ドラフトの可能性や経歴、プロフィールについてご紹介いたします。

明豊高等学校

京本眞選手の通う明豊高等学校(偏差値43-51)は大分県別府市にある男女共学の私立高校です。

部活動では、卓球部、野球部、剣道部、女子バスケットボール部が全国レベルの学校です。

明豊高校の校歌は、フォークシンガーの南こうせつさんの作曲で、センバツ高校野球大会と全国高等学校野球選手権大会大分県予選で流れる校歌は、南こうせつさん本人が歌っていらっしゃいます。

主な出身者は・・今宮健太(プロ野球選手)、城島健司(元プロ野球選手)、野島亜樹(アナウンサー)、松下紗耶未(アーチェリー選手)、中西麻耶(義足の短距離走・走幅跳選手)などがいらっしゃいます。

⚫︎今宮健太(プロ野球選手・ソフトバンクホークス)

現在ソフトバンクホークスで活躍する明豊高校OBの今宮健太選手。

プロの世界で活躍するOBの存在は、後輩たちのモチベーションを高めてくれますよね!

京本眞選手の球種

京本眞選手の球種は、最速146キロストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップです。

189センチの長身から投げ下ろされる140キロを超えるストレートと、変化球をうまく使った投球が持ち味で、打者のタイミングをズラすことができるチェンジアップは武器。

角度のある直球だけではなく、変化球をうまく操れる器用さと制球力の高さはとても魅力的です。

高校年代でさらなる成長も期待できる選手ですので、甲子園での活躍が楽しみです!

京本眞選手の成績

京本眞選手の2年生秋からの成績です。
背番号1を付けて出場

【2020年大分県高校野球秋季大会】

2回戦 明豊 9-2 大分工業※7回コールド
3回戦 明豊 9-1 安心院・日田※7回コールド
準々決勝 明豊 13-2 大分舞鶴※5回コールド
準決勝 明豊 10-1 藤蔭
決勝戦 明豊 20-0 大分商業

【2020年高校野球九州大会秋季】
背番号1を付けて出場

1回戦:九州国際大附 4ー1
準々決勝:神村学園 6ー4
準決勝:大崎 2ー3

明豊高校は、大分大会優勝、九州大会はベスト4という成績を残しました。
圧倒的な強力打線と堅守が光りました。

【京本眞選手の成績】

秋の大会では

4試合に登板し、20回1/3、被安打17、奪三振18、与死四球7、失点4、防御率1.77

という数字を残しました。

京本選手の特長である制球力の高い投球で、要所を抑える防御率の高さが際立っています。

右のエースの京本選手、左のエース太田選手の2枚看板と強力打線で春のセンバツでも期待ができそうです!

 

京本眞選手ドラフト指名の可能性

京本選手のドラフト指名の可能性について、本人は高卒で行きたいという考えを持ってはいるものの、今のままでは難しいと評する。

しかし、川崎監督は、プロにいけるだけの素材は持っていると評するも、もう2、3段階レベルアップすれば高卒、もしくはその後どこかを経由してプロ入りするチャンスも十分だとおっしゃています。

まずは球速を150キロ台に乗せ、勝てる投手になりたいと話す京本選手ですが、気持ちを全面に出し、変化球を器用に操れ、バント処理、牽制球など総合的に高いレベルでプレーできる京本選手は、スカウトは放っておけないのではないでしょうか。

恵まれた体格を生かした本格派右腕の今後の成長次第では、ドラフト指名の可能性もさらに高まることは間違い無いでしょう。

 

京本眞選手のプロフィール・経歴

京本 眞(きょうもと まこと)

生年月日:2004年2月6日
出身:大阪府大阪市
身長:189cm 体重:79kg
ポジション:投手
中学校:歌島中学校
小学校:野里小学校
出身チーム:大淀ボーイズ
投打:右投げ右打ち

京本眞選手は、野里小学校時代から軟式野球を始め、歌島中学校時代、大淀ボーイズに所属し、全国大会(ジャイアンツカップ)で優勝する経験を有します。

明豊高校では1年次の秋から公式戦で登板するチャンスを掴み、2年次は新チームのエースナンバー背番号1を付け、左腕の太田虎次朗選手とダブルエース体制で、九州大会ベスト4の成績を残した。

2年次の秋は4試合、20回1/3を投げて、被安打17、奪三振18、与死四球7、失点4、防御率1.77という数字を残した京本選手です。

チームを勝ちに導く投手になりたいという背番号1を背負う自覚を言葉にした京本選手の甲子園での投球を期待したいですね!

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、京本眞選手について、球種、成績、ドラフトの可能性、プロフィール・経歴についてご紹介いたしました。

京本眞選手の球種は、最速146キロストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップです。

秋の大会では4試合に登板し、20回1/3、被安打17、奪三振18、与死四球7、失点4、防御率1.77という数字を残しましたが、京本選手の特長である制球力の高い投球で、要所を抑える防御率の高さが際立っています。

まずは球速を150キロ台に乗せ、勝てる投手になりたいと話す京本選手ですが、気持ちを全面に出し、変化球を器用に操れ、バント処理、牽制球など総合的に高いレベルでプレーできる京本選手は、スカウトは放っておけないのではないでしょうか。

恵まれた体格を生かした本格派右腕の今後の成長次第では、ドラフト指名の可能性もさらに高まることは間違い無いでしょう。

京本 眞(きょうもと まこと)

生年月日:2004年2月6日
出身:大阪府大阪市
身長:189cm 体重:79kg
ポジション:投手
中学校:歌島中学校
小学校:野里小学校
出身チーム:大淀ボーイズ
投打:右投げ右打ち

明豊高校の初戦は、大会3日目の第3試合で東播磨(兵庫)と対戦しますが、エースナンバーを背負う京本選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!