マラソン

佐藤早也伽選手の経歴や学歴(高校・大学)は?インスタグラムや私服も調査!

名古屋ウィメンズマラソン2021が、2021年3月14日(日)に開催されます。

【名古屋ウィメンズマラソン】
女性のみで行われ、一般市民も含めて開催される総計15,000人参加の市民マラソンですが、エリートの部では、オリンピック、世界陸上、、アジア協議会に向けた女子マラソンの日本代表選考会も兼ねています。
完走者には、50名から構成される笑顔の素敵なイケメン男性集団「おもてなしタキシード隊」からティファニー製のオリジナルペンダントが贈呈されます。
世界最大の女子マラソンとして認知されている名古屋ウィメンズマラソンです。

>>おもてなしタキシード隊

【参加資格】
①A、Bの条件を満たす女性競技者
A:2020年度日本陸上競技連盟登録競技者で大会当日に満19歳以上の競技者
B:2019年3月1日以降、申込み期日までに国内外の公認競技会で日本陸上競技連盟の登録者として下記の記録を出した競技者
マラソン:3時間00分00秒以内
30㎞:2時間02分00秒以内
ハーフマラソン:1時間20分00秒以内
20㎞:1時間15分00秒以内
10㎞:35分00秒以内
②日本陸上競技連盟が推薦する競技者
③日本陸上競技連盟が招待する国内競技者
※日本国内在住の日本陸上競技連盟登録競技者が対象

【日時】2021年3月14日(日)9時10分スタート
【コース】バンテリンドームナゴヤ発着

【招待選手】
⚫︎松田瑞生(ダイハツ) 自己ベスト 2時間21分47秒(20大阪国際女子1位)
⚫︎小原怜(天満屋) 自己ベスト 2時間23分20秒(16名古屋2位)
⚫︎佐藤早也伽(積水化学) 自己ベスト 2時間23分27秒(20名古屋5位)
⚫︎岩出玲亜(千葉陸協) 自己ベスト 2時間23分52秒(19名古屋5位)
⚫︎鈴木亜由子(日本郵政グループ) 自己ベスト 2時間28分32秒(18北海道1位)

招待選手の中のひとりに、佐藤早也伽選手がエントリーされました。

>>名古屋ウィメンズマラソン
>>交通規制について

そこでこの記事では、名古屋ウィメンズマラソン2021に招待選手として出場する佐藤早也伽選手に注目し、経歴、出身高校、大学、インスタグラムアカウント、私服についてご紹介いたします。

佐藤早也伽選手の経歴・プロフィール

佐藤 早也伽 (さとう さやか)

生年月日:1994年5月27日
出身:宮城県
大学:東洋大学
高校:常盤木学園高等学校
中学:大崎市立鹿島台中学校
所属:積水化学女子陸上競技部「セキスイフェアリーズ」
身長:156cm
ツイッターアカウント:@sug_m3o
インスタアカウント:@sayaka_5.27

【自己ベスト】
1500m:4分27秒25
3000m:9分05秒75
5000m:15分16秒52
10000m:31分59秒64
ハーフマラソン:1時間9分27秒
マラソン:2時間23分27秒

佐藤選手は、高校時代は全国大会出場はなりませんでしが、大学時代に全国を経験し、実業団入りしてから急激に力をつけ急成長した選手と言えるのではないでしょうか。

徐々に努力が結果という形になって現れているのは、ご本人も強く実感されているのではないでしょうか。

実業団での主な成績
【2019年】
⚫︎実業団ハーフマラソン優勝
⚫︎全日本実業団陸上10000m2位(日本人1位)
⚫︎実業団女子駅伝3区(区間3位)
【2020年】
⚫︎名古屋ウィメンズマラソン5位(日本人3位)

東京オリンピックのマラソン代表をかけた戦いで合った名古屋ウィメンズマラソン2020では惜しくも総合5位で代表を逃しましたが、急成長中の佐藤選手の今後のさらなる飛躍に期待が高まるばかりです。

名古屋ウィメンズマラソン2021の走りにも大変注目したいですね!

佐藤早也伽選手の高校・大学

佐藤早也伽選手は、宮城県の私立常盤木学園高等学校(偏差値46-55)の出身です。

常盤木学園高等学校は、女子サッカー部が全国大会の常連で優勝経験もある強豪としてとても有名です。

遠藤ひろみ監督が指導する陸上部は10年ほど前から徐々に力を付け続け、短距離、リレーでは全国大会に出場、中長距離、駅伝でも県内で上位の成績を残しています。

佐藤選手は、都道府県対抗女子駅伝の宮城県代表に選ばれていましたので、高校時代から力のあった選手ということがわかりますね!

主な卒業生は、熊谷紗希選手、鮫島彩選手、田中明日菜選手、仲田歩夢選手(サッカー選手)、原綾子さん(モデル)、佐藤冴香さん(バドミントンロンドン五輪代表選手)、遊佐未森さん(歌手)など、強豪サッカー部出身の日本代表選手、なでしこリーグで活躍している選手が特に多いです。

⚫︎熊谷紗希選手(日本代表キャプテン)

大学は東洋大学(偏差値45-60)の陸上部に所属していました

数多くのスポーツ選手を輩出している東洋大学ですが、東洋大学陸上部の長距離は過去に60回以上の箱根駅伝出場歴がある強豪です。

佐藤選手も東洋大学でランナーとしての力を磨いていらっしゃったと想像できますね!

⚫︎主な出身者

桐生祥秀(短距離走選手)坂口安吾(小説家)坂本真綾(声優・歌手)若林正恭(お笑い芸人)内田康夫(小説家)萩野公介(競泳)柏原竜二(長距離選手)落合博満(元プロ野球選手)設楽悠太(マラソン選手)伊調千春(レスリング選手)

幅広いジャンルで活躍される卒業生を多く輩出している大学ですね!

佐藤早也伽選手のインスタグラム

佐藤選手のインスタグラムのアカウントは@sayaka_5.27です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤早也伽*☻(@sayaka_5.27)がシェアした投稿

アスリートとしての一面や、プライベートな佐藤選手の一面がSNSにて発信されています。

ツイッターでも発信されていますが、意外な佐藤選手の素顔が見られるかもしれません!

これから、実力、容姿ともに人気の出る選手であること間違いなしですので、チェックしてはいかがでしょうか。

佐藤早也伽選手の私服・好きなブランド

キュートな笑顔が印象的な佐藤選手の私服や好きなブランドについて調査いたしました!

注目を集めるアスリートが普段どのようなファッションを好むのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

佐藤選手のツイートから「merry Jenny /メリージェニー」というブランドがお好きなようです。

ワンピース、Tシャツやスマートフォンケースはメリージェニーの物を好まれていたことがわかります。

可愛らしいワンピースにパンプスを合わせた私服も佐藤選手の雰囲気にぴったりでお似合いですよね!

メリージェニーの商品は、可愛らしい雰囲気のものが多いので、佐藤選手のお好きな系統がわかります。

また、佐藤選手のマイブームとして「うさまる」と挙げられていました。可愛いキャラクターがお好きのようです。

着用されているナイキのウェアやシューズもピンクの可愛いのもので、普段から気遣われていることがわかるオシャレなアスリートですね!

まとめ

2021年3月14日(日)名古屋ウィメンズマラソンが開催されます。招待選手として出場する佐藤早也伽選手に注目し、出身高校、大学、経歴、インスタグラムアカウント、私服についてご紹介いたしました。

宮城県出身で常盤木学園高等学校を卒業し、現在は積水化学女子陸上競技部「セキスイフェアリーズ」に所属されています。

実業団に所属されてから、中距離、長距離と急成長を遂げている佐藤選手はキュートな笑顔が印象的でファンも多そうですね!

ツイッターからプライベートでは女子力の高さが伺える佐藤選手の私服は、メリージェニーのガーリーでふんわりと柔らかいテイストのスタイリングがお好きな印象ですね!

ぜひ佐藤選手のインスタグラム(@sayaka_5.27)もチェックして多くの方に応援していただきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の影響で沿道での応援には自粛要請されていますので、ご自宅でレースの模様を観戦してくださいね!

>>名古屋ウィメンズマラソン
>>交通規制について