野球

太田虎次朗(明豊高校)の球種、成績は?ドラフトの可能性や経歴プロフィールも紹介!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)

この記事では、春のセンバツ高校野球に出場する大分の名門明豊高校太田虎次朗選手の球種、成績、ドラフトの可能性や経歴、プロフィールについてご紹介いたします。

明豊高等学校

太田虎次朗選手の通う明豊高等学校(偏差値43-51)は大分県別府市にある男女共学の私立高校です。

部活動では、卓球部、野球部、剣道部、女子バスケットボール部が全国レベルの学校です。

明豊高校の校歌は、フォークシンガーの南こうせつさんの作曲で、センバツ高校野球大会と全国高等学校野球選手権大会大分県予選で流れる校歌は、南こうせつさん本人が歌っていらっしゃいます。

主な出身者は・・今宮健太(プロ野球選手)、城島健司(元プロ野球選手)、野島亜樹(アナウンサー)、松下紗耶未(アーチェリー選手)、中西麻耶(義足の短距離走・走幅跳選手)などがいらっしゃいます。

⚫︎今宮健太(プロ野球選手・ソフトバンクホークス)

ソフトバンクホークスで活躍する明豊高校OBの今宮健太選手。

プロの世界で活躍するOBの存在は、後輩たちのモチベーションを高めてくれますよね!

太田虎次朗選手の球種

 

太田虎次朗選手の球種は、最速141キロのストレート、スライダー、チェンジアップ、カーブを主体としています。

135キロから130後半のストレートと、110キロから120前後のスライダー、120キロ前後で沈むチェンジアップ、110キロ前後のカーブと左腕から放たれる多彩な球種を操り、高い奪三振率を生み出しています。

制球力の高さが最大の魅力ですので、特長を活かした投球を春のセンバツでも期待したいですね!

太田虎次朗選手の成績

太田虎次朗選手の2年生秋からの成績です。
背番号10を付けて出場

【2020年大分県高校野球秋季大会】

2回戦 明豊 9-2 大分工業※7回コールド
3回戦 明豊 9-1 安心院・日田※7回コールド
準々決勝 明豊 13-2 大分舞鶴※5回コールド
準決勝 明豊 10-1 藤蔭
決勝戦 明豊 20-0 大分商業

【2020年高校野球九州大会秋季】
背番号10を付けて出場

1回戦:九州国際大附 4ー1
準々決勝:神村学園 6ー4
準決勝:大崎 2ー3

明豊高校は、大分大会優勝、九州大会はベスト4という成績を残しました。
圧倒的な強力打線と堅守が光りました。

【太田虎次朗選手の成績】

6試合に登板、32回1/3、被安打24、奪三振48、与死四球15、失点7、防御率1.95

という数字を残しました。

奪三振率防御率の高さが際立っていることから、制球力の高さが伺えます。

また、打撃面では

10打数6安打 打率.600

という数字を残しました。

投打ともに好成績を残した秋の大会の好調を春のセンバツでも引き続き見せて欲しいですね!

左のエース太田選手と右のエースの京本選手、の2枚看板と強力打線で春のセンバツでも期待ができそうです!

太田虎次朗選手ドラフト指名の可能性

太田虎次朗選手のドラフト指名の可能性に関してですが、現段階では候補の一人と言えるでしょう。

左腕から繰り出される140キロを超えるストレートと変化球を操り、高い奪三振力、防御率は魅力的。

また、打撃面でも好打者として高い打率を誇る太田選手です。

高卒でのドラフト指名、もしくは大学、社会人を経てのドラフト指名は十分に可能性があると言えます。

巨人入りした兄の太田龍選手との兄弟での投げ合いも見てみたいですよね!

太田虎次朗選手のプロフィール・経歴

太田 虎次朗(おおた こじろう)

生年月日:2003年4月16日
出身:鹿児島県さつま町
身長:177cm 体重:75kg
ポジション:投手
中学校:さつま町立宮之城中
小学校:さつま町立盈進小
出身チーム:宮之城中軟式野球部
投打:左投げ左打ち
遠投:105m
50m走:6.5

太田龍選手

巨人に在籍する太田龍選手を兄に持つ太田虎次朗選手は、兄弟でのプロ野球選手を目標にしていることでしょう。

盈進小1年次に軟式野球を始め、宮之城中学校時代は軟式野球部に所属していました。

中学を卒業し、鹿児島から大分県の明豊高校に入学し、2年次の甲子園での交流戦にて甲子園のマウンドを経験しました。※1回1安打1失点

秋からは京本選手とダブルエースとして2枚看板で九州ベスト4という成績を残しました。

太田選手個人では、主に先発でチーム最多の6試合に登板し、32.1回を投げ、48奪三振、防御率1.95、被安打率6.68、奪三振率13.36、四死球率4.18という結果を残しました。

防御率奪三振率が特に際立つ太田選手の特長が出ていますね!

プロ入りしたお兄さんは甲子園出場が叶わなかったので、弟の太田選手が甲子園で活躍する姿を披露してほしいですね!

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、太田虎次朗選手について、球種、成績、ドラフトの可能性、プロフィール・経歴についてご紹介いたしました。

太田虎次朗選手の球種は、最速141キロのストレート、スライダー、チェンジアップ、カーブを主体としています。

制球力の高さで、三振を奪い、要所要所を抑え失点をしない防御率の高さが太田選手の特長です。

2020年秋の大会では、6試合に登板、32回1/3、被安打24、奪三振48、与死四球15、失点7、防御率1.95という数字を残しましたが、太田選手の特長がしっかりと数字に表れていますね!

左腕から繰り出される140キロを超えるストレートと変化球を操り、高い奪三振力、防御率は魅力的で、打撃面でも好打者として高い打率を誇る太田選手の高卒でのドラフト指名、もしくは大学、社会人を経てのドラフト指名は十分に可能性があると言えます。

太田 虎次朗(おおた こじろう)

生年月日:2003年4月16日
出身:鹿児島県さつま町
身長:177cm 体重:75kg
ポジション:投手
中学校:さつま町立宮之城中
小学校:さつま町立盈進小
出身チーム:宮之城中軟式野球部
投打:左投げ左打ち
遠投:105m
50m走:6.5

中学を卒業し、鹿児島から大分県の明豊高校に入学し、2年次の甲子園での交流戦にて甲子園のマウンドを経験した太田選手ですが、プロ入りしたお兄さんの甲子園出場が叶わなかった分もさらに甲子園で活躍する姿を春のセンバツ大会で披露してほしいですね!

明豊高校の初戦は、大会3日目の第3試合で東播磨(兵庫)と対戦しますが、太田選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!