野球

西村王雅選手(智辯学園)のプロフィール・経歴、父親、球種、ドラフトの可能性も調査!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)


この記事では、センバツ高校野球に近畿大会優勝し甲子園出場権を得た名門智弁学園高校の西村王雅選手についてご紹介いたします。

智辯学園高等学校

西村選手の通う智辯学園高等学校(偏差値54-64)は奈良県五條市にある私立の中高一貫校です。

野球部と陸上部のみ、高校から部活動を始められ、大半の在校生は勉学に集中し進学を目指すことが多いとのこと。

甲子園常連校である野球部は春のセンバツだけで13度目の出場になります。

主な出身者は、岡本和真選手(巨人)、廣岡大志選手(巨人)、ダニエルカールさん(タレント)などがいらっしゃいます。

⚫︎岡本和真選手(巨人)

プロの世界でホームラン王に輝いた先輩がいるのは智辯学園としての誇りではないでしょうか。

プロの世界で活躍している先輩は憧れでもあり、目標でもあるので大きな存在ですよね!

西村王雅選手のプロフィール・経歴


西村王雅(にしむらおうが)

生年月日:2004年1月17日
出身:京都府宇治市
身長:171cm 体重:77kg
ポジション:投手
中学校:東宇治中学校
小学校:御蔵山小学校
出身チーム:御蔵山スポーツ少年団-京都シニア
投打:左投げ左打ち
50m走:7.0秒
遠投:80m
趣味:ピアノ
ニックネーム:オーガ

西村王雅選手は、京都府宇治市出身で、御蔵山小学校では御蔵山スポーツ少年団に所属、東宇治中学校では京都リトルシニアに所属していました。

その後智辯学園に入学し、1年生の夏には甲子園で八戸学院光星戦に登板した経験があります。

2020年、2年生の夏に開催された甲子園交流試合では、対中京大中京高との試合で延長10回タイブレークの末、敗れはしたものの西村投手は150球を投げ抜きました

対戦相手の投手は、中日にドラフト1位指名された高橋宏斗投手でしたが、互角の投げ合いを見せてくれました。

夏の悔しさをまずは春のセンバツで晴らしたいと思っているのではないでしょうか。

一回戦の対戦相手は、優勝候補の大阪桐蔭高校です。

昨秋の近畿大会決勝と同じ対戦相手が甲子園の一回戦の相手になります。

相手も名門中の名門ということで決して簡単な試合にはならないでしょうが、エースとしての西村選手の投球に期待が高まりますね!

西村王雅選手の父親

西村王雅選手のお父さんは、今から約30年前にエースピッチャーとして甲子園のマウンドに立っていた経験を有します。

1990年、京都代表の平安高校(現在の龍谷大平安高校)の投手として2勝を挙げているのです!

お名前は「西村基治」さんです。

驚くことにお父さんも西村王雅選手と同じ左腕投手ということです。

西村王雅選手は昨年の夏に甲子園のピッチャーマウンドに立った経験が有りますので、30年の時を経て、親子で同じマウンドに立ったということですね!

野球のことは全てお父さんから教わったそうです。

「マウンドに立ったら思い切っていけ」との言葉通り、マウンド度胸も素晴らしく、強気のピッチングを見せてくれる姿はお父さんの教え通りと言えるのではないでしょうか。

お父さんは2勝を挙げているので、息子さんとしてもお父さんを超える3勝を目指して欲しいですね!

西村王雅選手の球種

西村投手の球種は、最速138キロのストレートと、緩めのカーブ、そして横に変化するスライダーです。

手元で伸びるストレートは、バッターボックスに立つと球速表示よりも速く感じるのではないでしょうか。

速球で押して、変化球の緩急も使いながら打ち取るピッチングは見ていて気持ちが良いです。

171センチと小柄な身体から放たれるボールには力がありますので、見ている人を魅了するものがあります。

ぜひ注目していただきたいピッチャーです。

西村王雅選手ドラフト指名の可能性

智辯学園に入部した1年生の頃から、監督から「モノが違う」と言わせた西村選手がドラフト指名を受ける可能性は、十分に可能性があるのではないでしょうか。

2019年の秋以降、体重を増やし、パワーアップしたとのことですので、成長を続けていけば可能性はさらに高まると考えられます。

気持ちの強さ、マウンド度胸はスポーツ選手として、ピッチャーとしてはとても重要ですので、お父さんから教わったものを活かせれば、これからが楽しみな選手と言えるでしょう。

まずは、注目の集まる甲子園でどれだけのピッチングを披露してくれるのか期待したいですね!

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、13度目の春のセンバツ出場の智辯学園、西村王雅選手について、プロフィール、父親、成績、ドラフト指名の可能性についてご紹介いたした。

西村王雅(にしむらおうが)

生年月日:2004年1月17日
出身:京都府宇治市
身長:171cm 体重:77kg
ポジション:投手
中学校:東宇治中学校
小学校:御蔵山小学校
出身チーム:御蔵山スポーツ少年団-京都シニア
投打:左投げ左打ち
50m走:7.0秒
遠投:80m
趣味:ピアノ
ニックネーム:オーガ

西村王雅選手のお父さんの西村基治さんは、今から約30年前に京都代表の平安高校(現在の龍谷大平安)のエースピッチャーとして甲子園のマウンドに立って2勝を挙げた経験を有し、親子で左腕投手です。

西村投手の球種は、最速138キロのストレートと、緩めのカーブ、そして横に変化するスライダーですが、手元で伸びるストレートは、バッターボックスに立つと球速表示よりも速く感じるのではないでしょうか。

甲子園という全国の舞台を経験しさらに大きく成長した姿を披露すればスカウトも放ってはおかない存在になれる逸材ですのでドラフト指名も考えられる投手と言えます。

智辯学園高校の初戦は、大会4日目の第2試合で優勝候補である大阪桐蔭と対戦しますが、エース西村選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!