野球

毛利海大(福岡大大濠)の球種は?ドラフトの可能性や経歴プロフィールも紹介!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)

毛利海大選手の通う福岡大学附属大濠高等学校(偏差値62-71)は福岡県福岡市にある男女共学の私立高校です。

基本的に大学進学をベースにした教育が行われている学校です。

バスケットボール部、剣道部、バドミントン部、駅伝部が全国優勝をするなどの実績を残しています。また、日本で唯一、男子チアリーディング部があることでも有名な福岡大大濠高校です。

主な出身者は・・博多華丸(お笑い芸人博多華丸・大吉)、石津大介(サッカー選手)、大石達也(プロ野球選手)、池松壮亮(俳優)、沼田真佑(芥川賞作家)、山下舜平大(プロ野球選手)

⚫︎山下舜平大(プロ野球選手・オリックス)

毛利海大選手の球種


毛利海大選手の球種は、最速140キロのストレート、ツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップなどです。

キレのあるストレートは、実際の球速より早く感じるなどプロからも評価をされる武器で、鋭く落ちるツーシームも織りまぜ三振を奪える投球を披露してくれます。

ストライクゾーンの内外をうまく使える制球力の高さも大変な魅力な左腕です。

プロ注目の本格派左腕の毛利選手は、センバツ大会でさらに評価を上げる投手として注目です!

 

毛利海大選手ドラフト指名の可能性・進路

毛利海大選手はMAX140キロの速球を投げ込み、キレのストレートと落差のあるツーシームでバッターを抑える本格派左腕としてプロのスカウトも注目する逸材です。

憧れの和田投手も在籍し、1学年上の先輩の山下舜平大選手のいる地元のソフトバンクへの入団が毛利選手の希望ではないでしょうか。

高校年代の左腕で140キロのストレートは、かなり魅力的ですし、まだまだ球速が伸びる可能性は多いにあります。

柔らかい腕の振りから繰り出されるキレのあるストレートは、球速表示より速く感じるのでバッターにとって大変脅威のあるボールです。

またスタミナのある点も評価できるのではないでしょうか。

プロも注目する左腕として評価も高いことから、ドラフト指名を受ける可能性も高いのではないかと予想されます。

毛利海大選手のプロフィール・経歴


毛利 海大(もうり かいと)

生年月日:2003年9月14日
出身:福岡県田川市
身長:178cm 体重:75kg
ポジション:投手
中学校:伊田中学校
小学校:伊田小学校
出身チーム:伊田レッドスターー福岡ソフトバンクホークスジュニアー鷹羽ボーイズ
投打:左投げ左打ち

毛利選手は左投げ左打ちの選手ですが、実は野球だけが左利きというのです。

如水館高校のOBであるお父さんの貴博さんが、「左はかっこいい」ということから毛利選手に幼稚園の頃から左用のグローブを与えて練習をしてきたからという。

お父さんの当時の理想から、今の毛利選手が生まれたということですね!

小学校2年生から伊田レッドスターに所属し4年生からピッチャーを始め、6年生の時に福岡ソフトバンクホークスジュニアに、中学生からは鷹羽(たかは)ボーイズに所属し、2年生からエースピッチャーを務め、2018年には世界少年野球大会に日本代表として出場した経験を有します。

2019年から福岡大大濠高校に入学後、1年生の夏からベンチ入りし県大会で3試合に登板しベスト8を経験。

2020年オリックスからドラフト1位指名を受けた山下舜平大選手の後を受け、2年生の秋からエースを務め、県大会優勝、九州大会準優勝を果たした。

憧れの投手はソフトバンクの左腕、和田毅投手ということです。

ぜひ甲子園の舞台で良い投球を披露してチームの勝利につなげて欲しいですね!

 

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、毛利海大選手について、経歴・プロフィール、球種、ドラフト指名の可能性・進路についてご紹介いたしました。

毛利 海大(もうり かいと)

生年月日:2003年9月14日
出身:福岡県田川市
身長:178cm 体重:75kg
ポジション:投手
中学校:伊田中学校
小学校:伊田小学校
出身チーム:伊田レッドスター-福岡ソフトバンクホークスジュニア-鷹羽ボーイズ
投打:左投げ左打ち

毛利海大選手の球種は、ストレート、ツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップが主体です。

左腕から放たれるキレのある最速140キロのストレートと落差のあるツーシームが武器で、スライダー、カーブ、チェンジアップの変化球をうまく交えた投球で本格派左腕としてプロのスカウトから大変注目されている投手です。

甲子園という全国の舞台を経験しさらに成長した姿を披露すればスカウトも放ってはおかない存在になれる逸材で、ドラフト指名筆頭投手です。

福岡大大濠高校の初戦は、大会3日目の第2試合大崎高校(長崎)と対戦しますが、エース毛利海大選手の活躍で甲子園での勝利を掴み取ってもらいたいですね!