野球

野崎慎裕(県岐阜商)の球種、成績は?ドラフトの可能性や経歴プロフィールも紹介!

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されます。

昨年は新型コロナウイルス感染症により中止になりましたが、今年は32校(21世紀枠4校を含む)が出場します。

【日程】3月19日(金)~3月31日(水)

この記事では、春のセンバツ高校野球に21世紀枠で出場する県立岐阜商業高校野崎慎裕選手の球種、成績、ドラフトの可能性や経歴、プロフィールについてご紹介いたします。

県立岐阜商業商業高等学校

野崎慎裕選手の通う県立岐阜商業高等学校(偏差値53-57)は岐阜県岐阜市にある公立高校です。

国際コミュニケーション科(57)、情報処理科(54)、会計システム科(54)、流通ビジネス科(53)のコースのある学校です。

主な出身者は・・高橋尚子(元マラソン選手(シドニー五輪代表))、石原慶幸(プロ野球選手)、早田俊幸(マラソン選手)、柴田ひとみ(バスケットボール選手)、英智(元プロ野球選手)、後藤愛(バドミントン選手)などスポーツ選手を多く輩出しています。

野崎慎裕選手の球種

野崎慎裕選手の球種は、最速144キロのストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを主体としています。

172cmと小柄ながら左腕から繰り出される最速144キロのストレート、常時135キロ前後から130キロ台後半のキレのあるストレートに、110キロ台から120キロ前後のスライダーに、カーブ、チェンジアップを投じます。

制球力の高さ、内外角に投げ分けるコントロールだけではなく、野崎選手の気持ちの強さもとても魅力的です。

 

野崎慎裕選手の成績

野崎選手の2年生秋からの成績です。
背番号1を付けて出場

【2020年岐阜県高校野球秋季大会】

1回戦 7-0 土岐商
2回戦 7-3 市岐阜商
準々決勝 6-1 麗澤瑞浪
準決勝 5-4 中京
決勝 3-2 大垣商

【2020年高校野球東海大会秋季】

背番号1を付けて出場

2回戦 7-0 東邦高校
準決勝 6-0 岐阜第一
決勝 6-7 中京大中京

東海大会では、2試合連続の完封勝利を収めるなど、圧巻の投球を披露した野崎投手です。

県立岐阜商業高校は、野崎投手の活躍もあり岐阜県大会優勝東海大会準優勝という成績を残しました。

【新川俊介選手の成績】

8試合に登板し、49.2回を投げ、被安打42、奪三振46、与死四球11、失点10、防御率1.63

という数字を残しました。

失点、防御率の数字も際立っていますが、四死球の少なさから制球力の高い投手ということがわかります。

 

野崎慎裕選手ドラフト指名の可能性


野崎慎裕選手のドラフト指名の可能性に関してですが、高卒即プロ入りの可能性もあり得るのではないでしょうか。

172cmと小柄ながら左腕から放たれるキレの良い最速144キロのストレートに打者のタイミングをズラす変化球を操る野崎選手は、プロのスカウトも注目しています。

まだまだ発展途上中の野崎選手ですので、甲子園という全国が注目する舞台で素晴らしい投球を披露するなどすればドラフト指名の可能性はさらに高まるのではないでしょうか。

さらに、持ち前の気持ちの強さは、投手として大変魅力的な要素でもあります。

大舞台での野崎選手の左腕から放たれる投球に期待したいですね!

 

野崎慎裕選手のプロフィール・経歴

野崎 慎裕(のざき のりひろ)
生年月日:2003年7月21日
出身:岐阜県大垣市
身長:172cm 体重:71kg
ポジション:投手
小学校:日新小
中学校:大垣西中
出身チーム:日新スポーツ少年団ー西濃ボーイズ
投打:左投げ左打ち

野崎選手は、日新小学校時代に日新スポーツ少年団で軟式野球を始め、大垣西中時代は西濃ボーイズ(硬式)に所属していました。

県岐阜商に入学後は1年次の春から主力選手の一人としてプレーした野崎投手。

1年生で背番号10を背負い、リリーフで登板した東海大会初戦では、4.2回7奪三振という成績を残しました。

1年次秋の予選では、11試合に登板(先発5試合)、44回、防御率2.05という数字を残し、岐阜県優勝、東海準優勝に大きく貢献しました。

2年次の夏は、甲子園での交流試合の舞台で聖地デビューを果たしましたが、先発として2回途中3失点でマウンドを降り、チームとしても敗戦を喫するという苦い経験を味わいました。

2年次秋の大会から背番号1を背負い、岐阜県大会優勝、東海準優勝に再び大きく貢献した野崎選手です。

 

まとめ

第93回選抜高等学校野球大会が2021年3月19日(金)から阪神甲子園球場にて開催されますが、野崎慎裕選手について、球種、成績、ドラフトの可能性、プロフィール・経歴についてご紹介いたしました。

野崎選手の球種は、最速144キロのストレート、スライダー、カーブ、チェンジを主体としていますが、小柄ながら左腕から放たれるキレの良いストレート、コントロールの良い投球と、気持ちの強さは、プロのスカウトも注目しており、高卒でのドラフトの可能性も考えられるほど注目されています。

2020年秋の大会では、8試合に登板し、49.2回を投げ、被安打42、奪三振46、与死四球11、失点10、防御率1.63という数字を残し、岐阜県大会優勝、東海大会準優勝に大きく貢献する投球を見せました。

失点、防御率の数字も際立っていますが、四死球の少なさから制球力の高さ、気持ちの強さが魅力的な野崎選手です。

野崎 慎裕(のざき のりひろ)
生年月日:2003年7月21日
出身:岐阜県大垣市
身長:172cm 体重:71kg
ポジション:投手
小学校:日新小
中学校:大垣西中
出身チーム:日新クラブー西濃ボーイズ
投打:左投げ左打ち

小学生時代は、日新クラブ、中学は、硬式の西濃ボーイズに所属し、岐阜の強豪、県立岐阜商業高校に進み、プロのスカウトから注目されるほど力を付けてきました。

県立岐阜商業高校の初戦は、大会4日目の第1試合で市立和歌山(和歌山)と対戦しますが、プロ注目の小園投手との熱い投手戦を今から楽しみにしたいですね!

野崎選手の左腕に期待しましょう!